2018.05.05 Saturday

ピオーネの新梢の繊維を切る! 捻枝をやってみた。

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     


    ピオーネの新梢の繊維を切る!

     

          捻枝をやってみた。


     

     

     

    当家のピオーネ、

     

    テッポウムシにやられて瀕死の状態。

     

    今年、書き続けている通りの状態が

     

    続いています。

     

     

     

     

    それでも、少しは芽が出てきて・・・

     

    驚くことに、テッポウムシに食べられて、

     

    枝の中が空洞となり、

     

    芽も出なくなった箇所の、

     

    その奥の枝から、新芽が出始めたり・・・

     

     

     

     

    僅かながらに芽生えた新梢を

     

    大事に育てております。

     

     

     

    「ぶどうの木の一番先端の芽は木にとって特別な芽。成長する為の芽。実を付ける芽ではありません。木はこの一つの芽に養分を集中させますので伸びも違います。今後どれか一つの芽が大きく成長し始めます。これが木が選んだ成長する為の芽です。木は木で考えがあります。面白いので良く見ていて下さい。

     

     

     

    とのコメントを頂戴しました。

     

    取りあえず、1から出直し。

     

    今年伸びた枝を主枝とすべく頑張ろう!

     

     

     

    そう思っていた矢先、事件が起こりました。

     

    妻が、折れたピオーネの新梢を

     

    持ってくるのです。

     

     

    「これぇ〜〜〜・・・」

     

     

    ギョッ ビックリ ゲゲッ マジ? デコメ

     

     

    そう、その枝はまさに、

     

     

    今後どれか1つの芽が大きく成長し始め

     

    ます。面白いので良く見ていて下さい。

     

     

    に該当する、将来の主枝候補君!!

     

     

     

    場所も、方向性もバッチリで、

     

    今、一番期待していた新梢君なのです。

     

     

     

    「えっ、何で? 何で折れたん?」

     

    「お母さんが、傘をかけたら

     

     折れちゃった。」

     

     

     

     

    そう、ピオーネの棚にはビニールシートが

     

    かけられており、雨がかかりません。

     

     

    それを良い事に、

     

    干し場ともなっているのです。

     

     

    洗濯物や傘・・・

     

    棚の棒に引っ掛けて・・・

     

     

     

    でも、

     

    棚の棒にではなく、

     

    何故に新梢に傘をひっかける?????

     

     

     

    泣けてくる 涙 泣く 悲しい 反省 別れ デコメ

     

     

     

    どう考えたら、

     

    ぶどうの枝に引っ掛けるのでしょうか?

     

    しかも、緑色の新梢に。

     

     

     

    何も言えません・・・

     

     

     

     

    悲しんでいても何も始まりません。

     

    次の枝を育てていかなければ。

     

    前を向ぅいて、歩〜こぉぉう・・

     

     

     

     

     

    さて、そんなこんなで、

     

    今日も副梢やひげの切除に勤しみました。

     

    1新梢に1房となるよう花房も切除。

     

    栄養を無駄に使うことなく、

     

    少しでも新梢を元気に育てましょう。

     

     

    <ビニールネットにあたって、放っておいても横に>

     

     

    気になる事が出てきました。

     

     

     

    ぶどうの芽は上へ、上へと伸びていきます。

     

    これを棚の棒に

     

    満遍なく這わすようにするのですが、

     

    ビニールネットに当たって、

     

    放っておいても、

     

    新梢は寝てきていたのです。

     

     

     

    「これでいいじゃん!」

     

    と思い、特に何もしていませんでした。

     

    ぶどうも、下に向いて実が垂れ下がって

     

    いましたし・・・

     

     

     

    でも、

     

    満遍なく枝を這わすようにする為、

     

    枝が伸びる方向を調整したい。

     

    昨年までは、

     

    全く何もしていませんでしたので。

     

     

    重なり合わず、

     

    光を十分に受けられるようにしましょう。

     

     

     

     

    自分の思う方向へ枝を伸ばす為にする

     

    「誘引」(枝を引っ張る)

     

     

     

    無理に引っ張ると、

     

    基部のところから折れてしまいます。

     

    なので、誘引する前に新梢の繊維を切って、

     

    曲がりやすくする事を「捻枝」

     

    というようです。

     

     

     

    片手で新梢の基部をしっかりと固定し、もう

     

    片手で枝先の方を持ち、捻ってやると繊維が

     

    切れるとの事。

     

     

     

    垂直方向に引っ張っても

     

    大丈夫になるようです。

     

     

    誘引は萌芽後すぐにしても基部から折れて

     

    しまうので、新梢が50僂阿蕕い砲覆辰

     

    からするのが良いようです。

     

     

    遅すぎないようにタイミングを図って

     

    やってみたいものです。

     

     

     

    写真撮影の為、両手で持っていません。^^;

     

     

    実際にやってみた感想。

     

    難しい!!  夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

     

     

     

    ゆっくりやっても・・・

     

    折れます!! 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

     

     

     

     

     

    バキッと折れます!

     

    折れてもビニールテープで巻いておいたら

     

    大丈夫というので、残っていましたメデール

     

    テープで巻いておきました。

     

     

     

     

     

     

    さて、結果はどうなるのでしょうか?

     

     

    但し、メデールテープで巻いても・・・

     

     

     

     

     

    修復不能となるケースも・・・ マメマメン ビックリ !! の画像

     

     

     

    取りあえず、出来た枝は誘引してみました。

     

     

     

     

    枝同士が重なりあわないように。

     

    方向を考えながら引っ張ってみました。

     

     

    もっと試してみたかったのですが、

     

    練習できる枝が少ない為、

     

    今年はほどほどに。 

     

     

     

     

     

     

     

    既に、枯れ気味の枝も出現!

     

    先が思いやられるスタートとなりました。

     

     

     

    でも、

     

    今年もジベレリンとフルメットを購入済み。

     

    昨年、使い切りましたので。

     

     

    そう、こんなところで終われないのです。

     

     

    頑張りましょう!! 

     

     

     

     

    ゆるキャラ凸 デコメ

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.04.29 Sunday

    ピオーネの副芽と巻きひげを取り除く! 光を通し、風通しを良くするために。

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       

       


      ピオーネの副芽と巻きひげを取り除く!

       

       光を通し、風通しを良くするために。


       

       

      毎朝、キクスイカミキリがいないか

       

      チェックします。

       

      6月頃までは、続けようと思っています。

       

      大きな花弁の菊にするため・・・

       

       

       

      今日も、1匹のキクスイカミキリを発見!

       

      ペンチデトッテトリノケールで

       

      撃破しました。

       

       

       

      その際、発見!!

       

       

       

       

      当家にも、

       

      てんとう虫さんが来てくれました!

       

       

      もっと色々な種類を見たい!!

       

       

       

       

       

       

      平成30年4月29日(日)

       

       

      ピオーネも、少しづつ新芽が出てきました。

       

       

      昨年、テッポウムシにやられてしまい、

       

      瀕死の状態。

       

       

       

      やられた枝の先から新芽が出る等、

       

      不思議発見もありました。 マメマメン ビックリ !! の画像

       

       

       

      「ぶどうの木の一番先端の芽は木にとって特別な芽。成長する為の芽。実を付ける芽ではありません。木はこの一つの芽に養分を集中させますので伸びも違います。蕾も着けないことも多いです。兎に角成長重視。なので頑張って萌芽すると言うのはあります。芽も着ける位置によって意味合いが違って来ますね。」

       

       

      とのコメント通り、

       

      「枝の先端から新芽が出て来る」という感じ

       

      ですので、やはり、間の枝はやられている

       

      (空洞となっている)のでしょう。 てst の画像

       

       

       

       

      今朝の様子がこちらです。

       

       

       

       

      4月14日と時と比べてみますと、

       

       

       

       

      こんな感じです。

       

      だいぶ新芽が出てきた様にも見えます。

       

       

       

      しかしながら、よく見ますと、

       

      枝の途中が・・・

       

      枝のある時点以後が・・・

       

      新芽が出てきません。 泣く の画像

       

       

       

       

       

      写真では分かりにくいかもしれませんが、

       

      大半の枝がOUTのようです。

       

      芽は出てきていますが、

       

      被害に遭った枝の先から出てきている。

       

       

       

      相当悩みましたが、

       

      今年の秋頃、今年伸びた枝以外はほとんど

       

      切り取ろうかと思います。

       

       

       

      「ぶどうの樹形も理想は魚の骨のように1本芯を通し、あとは小骨。太い枝を何本か配置しますと木も養分の流し方が分からず、負け枝が出来てしまいます。負け枝が出来ると言うことはもともとその枝は不要な枝だったと言うことになりますね。」

       

       

       

      今のところ、「芯」となりそうな枝すら特定

       

      できない状態ですが、「芯」となりそうな枝

       

      ができればその枝を「背骨」として、

       

      「あばら骨」がつく様に誘引していって

       

      みましょう。

       

       

       

      結局、本日は出来ることをしてみました。

       

       

      <副芽の切除>

       

       

       

       

      1つの芽から他の芽が萌芽したら、

       

      小さい方の芽(副芽)を切除するようです。

       

       

      又、新梢の側面から出て来る副梢について

       

      も、同じく切除するようです。

       

       

      この際、副梢についた葉を1〜2枚残して

       

      切除するとの事。

       

       

      副梢は出てきたら、

       

      上記作業を繰り返し行うことになります。

       

       

       

      <巻きひげの切除>

       

       

       

       

      巻きひげも、出てきたら切除するようです。

       

       

      棚などに巻き付き固定する為に必要なものか

       

      と思っていましたが、出てきたら付け根から

       

      切り取るようです。

       

       

      あくまで誘引した場合等は、

       

      ビニールタイ等で固定するとの事。

       

       

       

       

      副芽も、巻きひげも切除します。

       

      これを放置すると、枝が混み合い、

       

      新梢の成長にバラツキが出るようです。

       

       

       \長の調整(栄養の浪費を抑える)

       

      病害虫防除(良い風通しを確保)

       

       十分光合成の出来る状態を確保。

       

       (陰が出来ないように)

       

       

       

      ブドウは、1新梢に葉が7枚程度付くまでは

       

      蓄えられた栄養で成長するようなので、それ

       

      までに切除を済ませると栄養の浪費を防げる

       

      ようです。

       

       

      毎週休みの日しかチェックできませんが、

       

      早め早めに切り取り処理を行って

       

      いきましょう!

       

       

       

      又、新梢だけでも混み合う程成長するようで

       

      あれば、新梢も切除したほうが

       

      良いようです。

       

       

      今年、当家では、あまり必要ない

       

      かもしれませんが・・・ 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

       

       

       

      昨年まで、この副芽・巻きひげの管理を

       

      全くしていません。

       

      伸ばしっぱなしです。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

       

       

       

      逆に、葉っぱが沢山あった方が光合成が

       

      出来て、栄養が沢山出来るのかと・・・

       

       

       

      今年は、どの葉にも十分陽が当たるように、

       

      又、風通しが良い状態を保持できるように、

       

      枝葉を管理していってみましょう!! 

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.04.07 Saturday

      ピオーネの新芽が出てきた!

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

         


        ピオーネの新芽が出てきた!


         

         

         

        本日、所用があり、朝からお出掛け。

         

        妻と2人です。

         

         

        その後、せっかく出かけたのだからと、

         

        温室花館に寄って帰りました。

         

         

        熱帯ジャングルの植物

         

        乾燥地の植物

         

        高山の植物  等々

         

         

        オオオニバスや熱帯スイレン等、

         

        おぉ〜〜っと思う植物が沢山ありました。

         

         

        ほんの少しだけ・・・

         

         

         

         

         

        今日は終日ヒンヤリしていたのですが、

         

        温室に入ると

         

        「ムワ〜〜〜っ」としていました。

         

         

         

        いきなりお出迎えしてくれたのが、シダ。

         

         

         

         

        おぉ〜〜!!

         

        苔、苔、苔っ!! と思ってしまいました。

         

         

         

         

        地面に苔が生えている、

         

        という感じではなく、

         

         

        いろいろな物に苔を生やして、壁に飾る

         

        という感じです。

         

         

         

        シダ・苔だけではなくて、蘭も。

         

         

        鉢に植えるのではなく、

         

        根が板みたいなのに巻き付いています。

         

         

         

         

        すごく見やすくて良かったです。

         

         

         

        それから、この葉っぱ、

         

        見覚えがないでしょうか?

         

         

         

         

        そう、「隣のトトロ」のワンシーン。

         

         

        トトロ愛用の

         

        フィロデンドロン・ギガンテウムです。

         

         

        写真撮影用に置いてくれていましたので、

         

        ハイポーズ!

         

         


         

         


        あと、最後にもう1枚。

         

         

        ヒスイカズラ。

         

        コウモリが授粉の手伝いをするのだとか。

         

        宝石のような翡翠色でした。

         

         

        写真で、

         

        翡翠色がはっきり分からないのが残念。

         

         

         

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

         

        話しを、ピオーネに戻します!

         

         

         

        去年の記録です。

         

        やはり、4月に新芽が生まれました。

         

         

         

        4月16日

         

         

         

         

        4月22日

         

         

         

         

        昨年は、「芽が出るか?」

         

        の心配はしていませんでした。

         

         

         

        しかし、今年は、

         

        芽が出ないかもしれない。

         

         .謄奪櫂γ遒忙泙食い荒らされた。

         

        ◆_蠅蕕靴げ蠅枝に付いていない。

         

         

         

        1つでも芽が出たら、それを大事に育てて、

         

        枝作りからやり直そう。

         

        芽が出なかった枝は全て切除しよう。

         

         

        それぐらい覚悟していました。

         

         


         

         

        取りあえず、芽が出てきてくれました。

         

         

        未だ4〜5か所なので、

         

        どれの枝が大丈夫が不明です。

         

         

        ですが、

         

        この4〜5か所の枝を育てて

         

        再出発が見込めます。

         

         

         

        今年からは、

         

        カミキリムシ対策を必ず行います!

         

         

         

         

        少し驚いた事!

         

         

         

         

        この芽がどこから出てきているのか?

         

        もう少し下がって写してみました。

         

         

         

         

         

        お分かり頂けるでしょうか?

         

         

        テッポウ虫に食べられて、

         

        ほとんど空洞になった枝の奥の枝から

         

        芽が出てきているのです。

         

         

        樹液はどこを流れてきているのでしょうか?

         

         

        今後の成長を、

         

        もう少し見守っていきたいと思います。

         

         

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.03.19 Monday

        落ち始めた樹液

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

           

          〜 落ち始めた樹液 〜

           

           

           

           

          1月8日(月)

           

          ピオーネの剪定をしてみました。

           

          その時の様子は、こちら!!

           

           

           

          まぁ、まぁ、切ってみたつもりです。

           

          芽傷処理は行いませんでした。

           

          自然体で様子を見ることに。

           

           

           

          当然のことながら

           

          癒合促進剤を塗っておきました。

           

          ほとんど、全ての切った枝に。

           

           

           

          昨日、朝 7:30。

           

          天気も良かったので、

           

          レモン、柚子、ピオーネを見回り。

           

           

           

          すると、ピオーネの1つの枝から、

           

          雫がポタポタ

           

           

          どうしたことでしょう??

           

           

           

           

          流動し始めた樹液が癒合促進剤を押しのけ

           

          て、ほんの少しづつ落ちてきています。

           

           

           

          癒合促進剤を塗っていなければ、完全に乾燥

           

          して、樹液は落ちてこなかったのか?

           

           

           

          或いは、癒合促進剤を塗っていなければ、

           

          あちらこちらの切り後から、樹液がポタポタ

           

          どころではない勢いで落ちていたのか?

           

           

           

          取りあえず言えることは、ピオーネの樹の

           

          生命に関わる程ではないと思えること。

           

           

          助かりました。

           

           

           

          これは、記録しておきましょう。

           

          来年の剪定の際の留意点!!。

           

           

           

          これが、ポタポタどころではないぐらい

           

          樹液が落ちることになっていればOUT

           

          かもしれませんでした。

           

           

           

          ちなみに、この後注意して観察しましたが、

           

          樹液が落ちていたのは朝だけの様子。

           

           

           

          数日、観察を続けてみます!!

           

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.03.04 Sunday

          ぶどう栽培 病気から守る為の雨除け対策をやってみた!

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             

             


            ぶどう栽培

             

            病気から守る為の雨除け対策をやってみた!


             

             

             

            ”ぶどうの病気の大半は、

             

            雨によって感染します。

             

            房の形に拘らないのであれば・・・

             

            雨対策さえしておけば、案外簡単です。”

             

             

             

             

            この言葉を信じ、再度雨対策を決行!

             

            コストもかけられないので、当然自作!!

             

            ホームセンターに行って、雨除け棚の

             

            作り方を尋ねてみたりもしてみました。

             

             

             

            問題となったこと。

             

            ぶどう棚(パーゴラ)を庭の端に寄せて

             

            設置している事と、

             

            庭の一部をレンガ敷にしている事。

             

             

             

             

            パーゴラを庭の端に寄せて設置したら、足を

             

            フェンスに結び付けることにより固定でき、

             

            風対策がしやすくなります。パーゴラ設置時

             

            はその事だけにとらわれ、その外側にも何か

             

            を作る事を考えなかったのです。

             

             

             

             

            今あるパーゴラを抜き出して、もう少し内側

             

            に移そうにも、足場がないのです。

             

            レンガを削れば、出来るのですが・・・

             

             

            ただ、今のパーゴラを囲むように雨除け棚を

             

            作ろうとすると、やはり土地が狭すぎます。

             

            と言えるぐらい一杯一杯の大きさのパーゴラ

             

            を設置してしまっているという事。

             

             

             

             

            いろいろ悩んだ結果、

             

            雨除け棚を付けるのは断念し、

             

            ビニールシートで覆うことにしました。

             

             

             

            パーゴラの上に、360×270僂PE糸

             

            入り透明シート(ハトメ付き)を被せて

             

            みました。

             

             

             

             

             

             

            勉強中の長男坊を巻き込み、

             

            被せるところは2人作業。

             

             

             

            この後は、ハトメに針金を通し支柱に

             

            巻き付けてみました。

             

             

             

             

            雨がお隣さんの庭に落ちないように

             

            ちょっとずらしてみました。

             

             

             

            一角だけ、ロープで引っ張り、シートを

             

            斜めにして、雨が上に溜まらないように

             

            してみました。

             

             

             

             

            ご覧頂いたように、

             

            これが上手くいきません。

             

             

            雨が降った時に確認してみましょう。

             

            少しは雨が溜まる感じがします。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

             

             

             

            下から見た感じ。

             

            棒を半円に曲げて下からシートを押し上げて

             

            みましたが、少し頼りない・・・ てst の画像

             

             

             

             

             

            今日は、ほんの少しだけ風が強いです。

             

            先ほどから、パタパタとシートが揺れます。

             

            強風の時に、これでもつのでしょうか?

             

             

             

            少しの・・・

             

            かなりの不安とともに

             

            様子を見る事にします。 目玉 の画像

             

             

             

             

            最後に・・・

             

            完成後、妻と母が喜んだ事。

             

            「雨の日の洗濯物干し場が出来たわ!」

             

             

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.02.03 Saturday

            ぶどう ピオーネの害虫 テッポウムシ(鉄砲虫)の駆除

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               


              ぶどう ピオーネの害虫

               

                 テッポウムシの駆除


               

               

               

              当家のピオーネの枝に、沢山の穴を発見

               

              しました。

               

              ブドウトラカミキリムシが幼虫を産み付

               

              けているようです。

               

               

              その様子は、

               

              ブドウトラカミキリが発生した?」から。

               

               

               

               

              「ブドウトラカミキリが発生した?」で記載

               

              させて頂いた通り、今回は、カミキリムシの

               

              幼虫であるテッポウムシ(鉄砲虫)の駆除に

               

              チャレンジしてみました。

               

               

               

              方法は、針金でテッポウムシを突っついての

               

              刺殺を試みます。

               

               

               

               

               

              家にあったこの針金を使ってみました。

               

              少々切り取り、穴から差し込んでみます。

               

              太さ・硬さから推察するに、

               

              もし幼虫がいたら刺殺できると思います。

               

               

               

               

              大きさ的には、丁度穴に入るサイズであり、

               

              いいように曲がって使いやすかったです。

               

               

               

               

              もう少し、真下から見た感じです。

               

               

              何個かの穴に針金を入れてみて感じた事。

               

              穴から片方(若い方の枝へ)空洞が続いてい

               

              るケースが多い。

               

              (逆側は全く穴が堀り進められていない)

               

               

               

              当然のことながら、穴から両方に針金が差し

               

              込める状態のものもありますが、伸びている

               

              枝の方向へ食い進む傾向があるのか?

               

               

               

               

              そんなことを考えながら、次々に穴に針金を

               

              差し込んでいくのですが、突き当たってしま

               

              うだけとか、反対側から針金が出てくると

               

              か、あまりに穴が奥まで続いているのか針金

               

              が差し込めなくなってしまうとかばかり。

               

               

               

              そう、すなわち、幼虫が針金に刺さって、針

               

              金と一緒に出てきた(捕獲できた)という事

               

              は1度も起こりませんでした。

               

               

               

              唯一、一度だけ、針金を引っこ抜くと、透明

               

              のトローっと糸を引く感じの液体が付いてき

               

              ました。これが、幼虫を刺殺した後の体液が

               

              付いてきたものなのか、或いは、何らかの樹

               

              液なのかは不明。

               

               

               

              やはり、3月〜4月を待った方が良いのかも

               

              しれません。

               

               

              3月下旬頃から、早朝にぶどうの枝をよく見

               

              ると、枝から水(樹液)が出ているのを見つ

               

              けることがあるそうです。

               

              実は、これがテッポウムシが枝を食べている

               

              場所であり、この部分を針金等でつっつくと

               

              テッポウムシを刺殺できるのだとか。

               

               

               

              ある程度、テッポウムシの居る場所を特定

               

              できなければ、やはり刺殺するのは難しい。

               

               

               

               

              という事で、今回は、これで終了!!

               

               

               

              とする前に、

               

              最後に、

               

              余念の為、

               

              少しでも駆除できることを期待して、

               

              キンチョールEを噴射・注入してみました。

               

               

               

               

               

              このノズル部分に特徴があるようです。

               

               

               

               

              この絵のように、ノズルの先から真っすぐに

               

              噴射されるだけではなく、プラス上下へ、

               

              3方向へ噴射されるのだとか。

               

               

               

              穴に噴射すると、空洞がどれくらい奥まで続

               

              いているのかが分かります。穴のだいぶ先、

               

              遠い枝の部分から液体が出てきた際には、

               

              気分がドーンと暗くなってしまいます。

               

               

               

              取り敢えず、今日出来ることはここまで。

               

               

               

              本当は、穴を全て、癒合剤トップジンMペー

               

              ストで埋めてしまおうかとも思ったのです

               

              が、次回、3月下旬からの作業までは、この

               

              ままにしておくことにしました。

               

               

               

               ,匹貭の幼虫がまだ残っているのか?

               

              ◆,匹貭の枝がアウトとなっているのか?

               

               

               

              まだまだ不安ですが、

               

              これで、春を待ちたいと思います。

               

               

               

               

               

              下のバナー(コロ)を

               

              「ポチッ」と押して頂きますと、

               

              大変、助かります!!

               

               

              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.01.29 Monday

              ぶどう ピオーネの害虫 ブドウトラカミキリが発生した?

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 


                ぶどう ピオーネの害虫

                 

                 ブドウトラカミキリが発生した?


                 

                 

                平成30年1月13日(土)

                 

                 

                ピオーネの荒皮剥ぎをしてみました。

                 

                病原菌0の原点に帰る為!

                 

                その時の様子は、「こちら」です。

                 

                 

                 

                 

                途中、すごく気になった事。

                 

                剥いだ皮の下から、穴が見つかった事。

                 

                それも、1・2か所どころではありません。

                 

                 

                 

                 

                このまま、ほっておいて大事に至ってもと

                 

                思い、対処方法等を調べてみました。

                 

                 

                 

                穴の主は、ブドウトラカミキリか?

                 

                「ブドウの害虫の中で、最も被害の大きい」

                 

                害虫である様子。

                 

                 

                 

                これは困りました。

                 

                すごく不安になります。   マメマメン ビックリ !! の画像

                 

                 

                 

                ピオーネの木の剪定をした際、

                 

                中が空洞になっている枝も発見。

                 

                 

                 

                 

                ちなみに、この枝は、入り口のところだけ穴

                 

                が開いていたのではなく、反対側まで穴が開

                 

                いていましたので、全部食べられていると推

                 

                察します。

                 

                 

                 

                食べられた枝は、

                 

                どうすれば良いのでしょうか?

                 

                 

                ⇒ 切り取る以外に方法はない、様子。

                 

                 

                 

                 

                これは、ちょっと厄介です。

                 

                かなりの範囲で

                 

                食べられているとするならば、

                 

                かなりの枝を切り取らなければなりません。

                 

                 

                 

                 

                このままほっておくと

                 

                どうなるのでしょうか?

                 

                 

                5月か6月頃、新梢が伸びだした頃、

                 

                その新梢を食べてしまい、ひどければ、

                 

                母枝まで食べられてしまうのだとか。

                 

                 

                 

                 

                かなり危険です。

                 

                 

                 

                 

                先ずは、

                 

                そやつらを知らなければならないです。

                 

                 

                 

                成虫は、どういう姿をしているのか?

                 

                んんっ??

                 

                見た事がある姿・・・  目玉 の画像

                 

                 

                 

                 

                次に、幼虫は、どんな姿をしているのか??

                 

                 

                 

                 

                良く覚えておこうと思います。

                 

                 

                前の年に生まれた幼虫が越冬して、暖かくな

                 

                ってきた頃、活発に枝を食べ始める。

                 

                 

                 

                これを防ぐには、

                 

                3月〜4月、

                 

                早朝にぶどうの枝をよく見ること。

                 

                 

                幼虫が枝を食べると、そこから樹液がもれ、

                 

                枝から水が出ている所があるようです。

                 

                 

                この部分を発見したら、この部分を針金等で

                 

                つっつき、幼虫を殺すのだそうです。

                 

                 

                 

                 

                3月〜4月を待つのも良いですが、

                 

                先手必勝!

                 

                次の土日には、この見つけた穴に針金を差し

                 

                込み、幼虫を殺せるか試してみましょう!

                 

                 

                 

                まず、どこまで穴を掘り進めていて、どこに

                 

                とどまっているのか正確に把握するのが難し

                 

                いかもしれません。

                 

                 

                 

                 

                ブドウトラカミキリの生態や症状・対処を

                 

                完結にまとめてみました。

                 

                 

                <発生>

                 

                成虫は7月下旬から10月中旬に発生。

                 

                最盛期は、9月上旬・中旬。

                 

                成虫は新梢の芽の隙間に産卵し、

                 

                幼虫の状態で越冬します。

                 

                 

                <症状>

                 

                越冬した幼虫が新梢や母枝を食害します。

                 

                新梢が食入されると5〜6月の伸長期に

                 

                しおれだします。

                 

                 

                <対処>

                 

                幼虫がいる枝は切り取り、処分します。

                 

                薬剤は、成虫が発生する7月以降。

                 

                最盛期の8月下旬〜9月上旬、ベニカ水溶液

                 

                等を散布します。

                 

                 

                薬剤を使わない場合は、幼虫のいる場所を

                 

                探し、針金などで刺殺します。

                 

                 

                 

                さて、

                 

                今年の被害はどれ程になるのでしょうか?

                 

                 

                 

                毎週観察を続けたいと思います!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                大変、助かります!!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.01.13 Saturday

                ぶどう、ピオーネの皮はぎをやってみた!

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                   


                  ぶどう、ピオーネの木の

                   

                      皮はぎをやってみた!


                   

                   

                   

                  1月8日、

                   

                  ピオーネの木の剪定をやってみました。

                   

                   

                   

                  剪定の方法を学び、

                   

                  確認してから剪定をしました。

                   

                   

                  その際、「皮はぎ」についても学びました。

                   

                   

                   

                  古い皮の下側は虫や菌の住処となるので、

                   

                  を剥いで虫や菌がいない状況をつくる!

                   

                   

                   

                  剪定を行った際、手で簡単に取れるぐらいの

                   

                  「皮はぎ」を行ってみました。

                   

                   

                   

                  手でつまんだだけで、さっと剥がしていける

                   

                  部分もあれば、そんなに簡単に剥がせない部

                   

                  分もありました。むしろ、剥がせない部分の

                   

                  方が多かったです。

                   

                   

                   

                  「皮はぎ」について調べてみますと、ぶどう

                   

                  の樹の種類によっても、剥がしやすい・剥が

                   

                  しにくい樹というのがあるようで、ピオーネ

                   

                  は剥がしにくい樹となっていました。

                   

                   

                   

                   

                  「ピオーネの木の剪定をしてみた。」の記事

                   

                  をアップさせて頂いた際、コメントを頂きま

                   

                  した。

                   

                   

                   

                   

                  「巻きひげと樹皮剥ぎはしっかりやって下さ

                   

                  い。一回は気合を入れて病原菌0の原点に帰

                   

                  る必要があります。ここが、スタートライ

                   

                  ン。」とのコメントでした。

                   

                   

                   

                   

                  ちょっと、剥いだだけではダメ!

                   

                   

                   

                  「病原菌0」になるまでの状態にしないと

                   

                  意味が無い!

                   

                   

                   

                   

                  という事で、気合を入れ直して、

                   

                  再度「皮はぎ」にチャレンジ!

                   

                   

                   

                  <「皮はぎ」前>

                   

                   

                   

                  <「皮はぎ」後>

                   

                   

                   

                   

                  どのあたり迄剥いだら良いのか分かりません

                   

                  でしたので、いろいろな写真を拝見。

                   

                   

                   

                   

                  見た感じで剥いでみたのですが、

                   

                  一部、剥ぎ過ぎた所もありました。

                   

                  思わず、トップジンMペーストを塗って

                   

                  しまいました。

                   

                   

                   

                   

                  専用のナイフ等は持っていませんので、花切

                   

                  バサミの片方の刃の部分で削ってみました。

                   

                  このやり方は、細かな皮が飛んできますの

                   

                  で、目には注意して下さい。

                   

                   

                   

                   

                  11時から始めて、約2時間。

                   

                  他の事もやりながらですが、結構時間のかか

                   

                  る作業となりました。なんとなくやり方が分

                   

                  かったので、次回からは、もう少し短時間で

                   

                  対処できるかも?

                   

                   

                   

                   

                  最中、気になるところが出てきました。

                   

                  皮を剥ぐと、よく見えてきます。

                   

                  枝に「穴」が沢山開いています!

                   

                   

                   

                   

                  大きな穴を発見したので、ハサミの片刃を

                   

                  穴に入れてみました。

                   

                  簡単に回りがバリバリ割れていきます。

                   

                  横に横に割れていくので、思わずストップし

                   

                  て、又、トップジンMペーストを塗って

                   

                  しまいました。

                   

                   

                   

                   

                  恐らくは、空洞になっていて、枝ごと切り取

                   

                  らないとならないのだと思いましたが、「こ

                   

                  の枝を切るのは辛い」と思う枝でしたので、

                   

                  この状態で春を待とうと思います。新しい芽

                   

                  が出るのか、出ないのか?

                   

                   

                   

                   

                   

                  「皮はぎ」をして思う事。

                   

                  もっと早く、

                   

                  「剪定」について勉強をすべきでした。

                   

                   

                   

                  枝に芽が全くない部分が多い(長い)ので

                   

                  す。もっと、等間隔で芽が生えていないと。

                   

                   

                   

                  上下に出てきている芽を残すのではなく、左

                   

                  右に出てきている芽を残す意識を持つべきで

                   

                  した。

                   

                  ぶどうの枝は、横に横に伸ばすのだから。

                   

                   

                   

                  上下に伸びた枝を、切って落としてしまいま

                   

                  した。

                   

                  せめて、一芽残して切らなければ・・・ ^^;

                   

                   

                   

                   

                  ぶどうも接ぎ木をして、

                   

                  新たな枝を作りだせるのでしょうか?

                   

                   

                   

                  それよりも、今の枝から育つ新たな枝を上手

                   

                  に育てる方が良いのでしょうか?

                   

                   

                   

                   

                  この春の状態を見て、対処していきたいと

                   

                  思います!!

                   

                   

                   

                   

                   

                  下のバナーを

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  助かります!!

                   

                   

                  顔だよ。困る

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.01.08 Monday

                  ピオーネの木の剪定をしてみた。

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     

                     


                    ピオーネの木の剪定をしてみた。


                     

                     

                     

                    ピオーネの剪定が後回しになっていました。

                     

                    昨年は、

                     

                    レモンの栽培中心の1年でしたから。

                     

                     

                     

                     

                    今年は、ピオーネの木にも、十分食べられる

                     

                    実をつけるべく、頑張っていきたいと

                     

                    思います。

                     

                     

                     

                     

                    剪定前の状態。

                     

                     

                     

                     

                    剪定後の状態

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    剪定前の状態

                     

                     

                     

                    剪定後の状態

                     

                     

                     

                     

                    まぁまぁ、切ってみました。

                     

                     

                     

                     

                    巻きひげは晩腐病の越冬場所というので、

                     

                    巻きひげも1つ1つ取り除いてみました。

                     

                     

                     

                    古い皮の下側も病害虫防除の為(虫や菌の住

                     

                    処)、取り除いた方が良いというので、手で

                     

                    剝ける限り剝いてみました。皮剝き用のナイ

                     

                    フがあるようですが、今回は手で剝けるとこ

                     

                    ろまでで良しとしました。

                     

                     

                     

                     

                    削り過ぎが心配だったのですが、

                     

                    もう少し、削った方がよかったかな??

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    カマキリの卵がありました。

                     

                     

                    一芽剪定をしていましたので、

                     

                    本当は、卵の下で切りたかったのですが、

                     

                    敢えて、この枝は、卵を残すように切って

                     

                    みました。

                     

                     

                     

                     

                    ヤニが何カ所から出ていました。

                     

                     

                    何かにやられたのかな、と思い、

                     

                    少し調べましたが、詳細分からず。

                     

                     

                    暫く、様子を見てみます。

                     

                     

                     

                     

                    剪定後、後かたずけをしている時、

                     

                    気になりました。

                     

                    真ん中が空洞になっている枝を何個か発見。

                     

                     

                     

                     

                    この枝は、

                     

                    反対側まで、空洞が続いていました。

                     

                     

                     

                    ブドウトラカミキリなのでしょうか?

                     

                     

                     

                    ひどくなるのか?

                     

                    暫く様子を見てみましょう。

                     

                     

                     

                    今までは、何もしていませんでしたが、

                     

                    今年は、2月下旬頃に、

                     

                    芽傷処理を施してみようかと思っています。

                     

                     

                     

                     

                    試してみて、

                     

                    どの様な、結果となるのか検証です。

                     

                     

                     

                     

                    どうぞ、来年は、実がなりますよう・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    下のバナーを

                     

                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                     

                    助かります!!

                     

                     

                    顔だよ。困る

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2017.11.07 Tuesday

                    ぶどうの苗木 いろいろな種類

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       


                      ぶどうの苗木 いろいろな種類


                       

                       

                       

                      ぶどうも、ちょっと調べてみると、

                       

                      本当にいろいろな品種があります。

                       

                       

                      良く聞く名前のものから、

                       

                      初めて聞くようなものまで。

                       

                      ウインクなどの希少なぶどうも!

                       

                       

                      どのぶどうの苗木までなら、

                       

                      手軽に購入できるものなのでしょうか?

                       

                       

                       

                      1、ピオーネ

                       

                      巨峰とカノンホール・マスカットとの交配種であり、昭和48年にピオーネ(イタリア語で開拓者という意味)と改名され、種苗名称登録。ピオーネを種なしに育てたものがニューピオーネとして出荷されています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      2、巨峰

                       

                      石原早生とセンテニアルの交配種であり、正式な品種名は「石原センテニアル」。1955年に「巨峰」という名称で商標登録。名前の由来は、開発された研究所から見える富士山にちなんで付けられたとか。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      3、翠峰

                       

                      ピオーネとセンテニアルの交配種。皮が薄く、種なしなので、全部食べられます。

                       

                       

                      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                      ぶどう 苗木 翠峰 12cmポット苗 すいほう ブドウ 苗 葡萄 gv
                      価格:3240円(税込、送料別) (2018/2/8時点)

                       

                       

                       

                       

                       

                      4、キャンベルスアーリー

                       

                      果皮は紫黒色で、果実はぶどうの中でも小粒ですが、独特の香りがあり、高い支持を得ている品種のひとつです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      5、ナイアガラ

                       

                      強烈な独特の香りは、唯一無二です。

                       

                       

                       

                       

                       

                      6、紅富士

                       

                      果皮は紫色で、見た目にもキレイですが、味もジューシーで食べやすい品種です。皮離れが良く、甘みと酸味のバランスが抜群です。完熟すると甘さ抜群です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      7、安芸クイーン

                       

                      『クリスタル・ローズ』とも呼ばれる幻のぶどうで、果皮はあざやかな紅色です。果肉は硬すぎず、もろくもなく、適度にしまり、良い食感です。果汁も豊富です。甘みは強く、酸味は控えめの、香りがよい赤系ブドウです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      8、竜宝

                       

                      ほのかな香りと、柔らかくて多汁な果肉で、人気の高いぶどうです。しかし、果肉が非常に柔らかくすぐに崩壊するため、観光農園などで主に栽培されていることから、市場にはほとんど流通しません。そのため家庭栽培でしか味わえないといっていい、幻のぶどうです。

                       

                       

                      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                      ぶどう 苗木 竜宝 12cmポット苗 ブドウ 苗 葡萄 gv
                      価格:3456円(税込、送料別) (2018/2/9時点)

                       

                       

                       

                       

                       

                      9、リザマート

                       

                      幻のぶどう。皮が非常に薄いため、裂実のリスクが高く、農園が作らない為とか。希少価値の高い、上品なぶどうです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      10、ウインク

                       

                      ルーベルマスカットと甲斐路の交配種。生産量は少なく、ほとんどが直売所やぶどう狩り向けで、市場には僅かに山梨県産のものが出回っているだけです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      11、ゴールドフィンガー

                       

                      粒の美しい色と形、そしてこの甘さは正に高級ブドウの品格を感じさせてくれます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                      ぶどう 苗木 マニキュアフィンガー 12cmポット苗 ブドウ 苗 葡萄 gv
                      価格:3240円(税込、送料別) (2018/2/10時点)

                       

                       

                       

                       

                       

                      12、バナナ

                       

                      形と、完熟すると黄色くなりバナナに似ているところから、そのまま「バナナ」という名前がついたそうです。希少で、その形も珍しく、ジューシーでもっと深いコクと味わいがある『バナナ』は、どこへ送っても大変喜ばれる高級ぶどうです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      13、クイーンニーナ

                       

                      大粒で食味が大変優れており、猛暑でも鮮やかな赤色に着色することから、今後、有望な赤系品種とされています。果皮は鮮やかな赤色で、夏場の夜温が高い年でも着色が良好です。果肉は硬くしまり、シャインマスカットに近い食感です。

                       

                       

                      <
                      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

                      ブドウ クイーンニーナ(PVP) 接木苗 1本
                      価格:5400円(税込、送料別) (2018/4/20時点)


                       

                      p>

                       

                       

                      14、マスカットベリーA

                       

                      ベリーとマスカットハンブルグとの交配種で、ブドウ酒に適している特徴があります。果皮は紫黒色で、たくさん結実し栽培しやすく、甘味強く美味しい。ぶどう初心者向け品種。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      15、シャインマスカット

                       

                      安芸津21号と白南との交配種。2006年に品種登録された、まだ新しい品種の白ブドウです。マスカットの香りと高い糖度、そして皮ごと食べられるという特徴があります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      16、スチューベン

                       

                      特徴はなんと言ってもその糖度の高さで、20度以上にもなります。皮と果肉の間がとても甘いです。寒い地域に適し、暖かい地方での栽培には向かず、東北地方を中心に栽培されています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ほんの少しでも、

                       

                      面白いと思って頂ければ

                       

                      下のバナー(コロ)を

                       

                      「ポチッ」と押して頂きますと、

                       

                      大変、助かります!!

                       

                      これからも、頑張れます!

                       

                       

                      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                       

                       

                       

                       

                       


                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      2017.09.28 Thursday

                      ぶどう ピオーネ栽培が難しい・・・

                      0

                        JUGEMテーマ:家庭

                         

                         

                         


                        ぶどう 

                         

                        ピオーネの栽培が難しい・・・


                         

                         

                         

                        レモンより先に始めたのが、ピオーネ栽培。

                         

                         

                        平成24年頃に植えたと思うのですが、

                         

                        はっきり記憶していないのです・・・

                         

                         

                        だいたいの私なので・・・ 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

                         

                         

                         

                         

                        妻と、近所の苗木屋さんに行った時、

                         

                        衝動買いしたもの。

                         

                         

                         

                         

                        そこにピオーネの苗があった訳ではなく、

                         

                        巨砲等の苗は売っていましたが、

                         

                        ピオーネがなかったので、

                         

                        どうせ買うならと、

                         

                        ピオーネをの苗を注文しました。

                         

                         

                         

                         

                        「育てるのなら、食べられる方がいい」

                         

                        「食べる時に、種がない方がいい」

                         

                        それぐらいの思いで注文。

                         

                         

                         

                         

                        ただ悲しかったのは、

                         

                        お店の人に「育て方」をお聞きしたら、

                         

                        もうひとつ、よく分からなかったこと。

                         

                         

                         

                        「売っている人ではなく、

                         

                        育てている人に聞かないといけない。」

                         

                        そう、思ってしまった・・・  しょんぼり

                         

                         

                         

                         

                         

                        んな感じで始まったピオーネ栽培。

                         

                        未だ、これも、

                         

                        悪戦苦闘中。

                         

                         

                         

                         

                        食べられる程、熟れないのです。

                         

                        (紫色にならない)

                         

                         

                         

                         

                        植えてから3年目ぐらいだったと思います。

                         

                        あるブドウ農家さんを訪れました。

                         

                         

                        ある方の紹介を得られて、

                         

                        直接、農園に向かいました。

                         

                         

                         

                         

                         

                        一番、お聞きしたかったこと。

                         

                        「何故、紫色にならないのか?」

                         

                        「何故、甘くならないのか?」

                         

                         

                         

                         

                        これは、今年の8月11日の写真です。

                         

                        その頃の写真ではありません。

                         

                         

                         

                         

                        「記録」を残すため、

                         

                        ブログを始めたのは、今年からなので、

                         

                        以前の写真は残っていないのです・・・

                         

                         

                         

                        ただ、ほぼほぼ、このような感じ・・・

                         

                         

                         

                        そこそこの大きさに育ちはするものの、

                         

                        完全に紫色に染まらず、

                         

                        熟れていない酸味がする。

                         

                         

                         

                         

                        妻や、義母は、

                         

                        「お店で売っているのは甘すぎるが、

                         

                        これはちょうど良い甘さ!」

                         

                        と言ってくれますが・・・

                         

                         

                         

                         

                        はっきり言って、

                         

                        「酸味が・・・」というレベルでなく、

                         

                        熟れていない・・・  ^^;

                         

                        熟していない渋みすらする・・・^^;  悲しい 

                         

                         

                         

                         

                         〔攤爐鮃愼してきて、ぶどう棚をつくり

                         

                              ましたが、木が腐ってきた・・・

                         

                         

                        ◆.札スイさんの「フルーツパーゴラDX」

                         

                          を購入して、棚を作り直し・・・

                         

                         

                         その後、木は育っていき、少し剪定して

                         

                          いる最中、キャタツから落下し、

                         

                          右腕骨折・・・

                         

                         

                        ぁ ̄除けの為、ビニールシートをパーゴラ

                         

                          の上から被せてみるも、2年後には

                         

                          ビニールが破けてくる・・・

                         

                         

                        ァ仝什漾▲掘璽箸呂覆、雨が全部かかる

                         

                          状態・・・

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        と、私なりには、困難をくり返してきて、

                         

                        今日を迎えているつもりなのですが、

                         

                         

                        木は、これに答えてくれません。

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        で、くり返すようですが、

                         

                        「何故、紫色にならないのか?」

                         

                        を、教えて頂きたかった。

                         

                         

                         

                        その時、帰ってきた返答。

                         

                        「私は、5年目までは、

                         

                        木を育てる事を優先するので、

                         

                        実を付けたことが無い。

                         

                         

                        なので、3年目で、

                         

                        どうすれば上手に実を付けさせるのか?

                         

                        説明できない・・・」 との事。 しょんぼり  

                         

                         

                         

                         

                        これが、2年目の苗。

                         

                        これが、3年目の苗・・・

                         

                        いろいろな苗を見せてくれました。

                         

                         

                         

                        帰りしなには、

                         

                        「使いさしだけれど・・・」

                         

                        と言いながら、

                         

                        半分以上入っている

                         

                        ブドウ専用の肥料までくれました。

                         

                         

                         

                         

                        以後、その肥料を撒いているのですが・・・

                         

                         

                        きっと、

                         

                        雨対策と・・・

                         

                        薬が必要・・・

                         

                         

                         

                         

                        今まで、無農薬を目指していました

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        今年の春先頃の写真です。

                         

                         

                        パーゴラの上から、

                         

                        ビニールシトを被せていたのですが、

                         

                        破れだしたので、とってしまいました。

                         

                         

                         

                         

                        新シートを購入しようとも思いましたが、

                         

                        「シート無しで、どうなるか?」

                         

                        試してみる事にしました。

                         

                        案の状、ダメでした。 

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        今年の最終、

                         

                        こんな感じになってきたかなぁ?

                         

                        と思っていたら、

                         

                         

                         

                         

                         

                        と、ダメになっていきました。

                         

                        今年の収穫は、ゼロ・・・

                         

                         

                         

                        で、もっと悲しかったこと・・・

                         

                         

                         

                        全然、気が付かなかったのですが、

                         

                        あとから、一房できていたのです。

                         

                         

                         

                         

                        8月26日の写真。

                         

                         

                         

                        この房には、ジベレリン・フルメット処理は

                         

                        していないのに、

                         

                         

                         

                        9月24日には、こんな感じになりました。

                         

                         

                         

                         

                        結局、この房も熟れなくて、

                         

                        食べられる代物ではなかったのですが、

                         

                        実は、そこそこ大きなっているし、

                         

                        なにより、表面が綺麗・・・

                         

                         

                         

                         

                        ジベレリン処理等、頑張って・・・

                         

                        黒酢の殺菌スプレー等を必死で撒いて・・・

                         

                        黒酢等は、1週間ぐらいしか効果がない、

                         

                        等と読んだので、ほぼ毎週・・・

                         

                        スプレーも高いのに・・・

                         

                         

                         

                         

                        後から、生えてきた、

                         

                        何もしていない房のほうが。。。

                         

                        綺麗。

                         

                         

                         

                         

                        だいぶ悲しくなってきて、

                         

                        来年はどうしようか、と思っていました。

                         

                         

                         

                         

                        そんな時、

                         

                         

                        「ブドウは房の形に拘らなければ簡単です。

                         

                        只、雨でのうどんこ病等、病気が難題です。

                         

                        雨対策と農薬が無いと難しいですね、

                         

                        私もDIYでひさしを付けました。



                        自家製の果物は美味しいですね。

                         

                        完熟で収穫しますので、

                         

                        市販品とは違った

                         

                        本来の味が楽しめます。

                         

                        是非挑戦して下さい。」

                         

                        とのコメントを、頂戴しました。

                         

                         

                         

                        来年、もう1度だけ、

                         

                        雨よけの屋根をDIYしよう、

                         

                        と思っていました。

                         

                         

                        頑張ろうと思いました。

                         

                         

                        薬を使うか、どうか。。。

                         

                        これは、未だ未定。

                         

                         

                        ただ、やはり、使わないと難しいのかなと

                         

                        思い始めてる。

                         

                         

                         

                         

                        これも、又、将来の楽しみ・・・

                         

                        ということにしよう。

                         

                         

                        あそこのピオーネは美味しいらしいよ、

                         

                        と言ってもらうために。。。

                         

                         

                        ただ、このブログは、

                         

                        レモンのブログ

                         

                        のはずだったのですが・・・ ^^;

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        👉 後日談・・・

                         

                         

                        別のブロ友さんからも、当家のピオーネに

                         

                        ついてのコメントを頂きました。

                         

                         

                         

                        「ピオーネも拝見しました。固い実のピオー

                         

                        ネの気持ちが良く分かります。ぶどうは、厳

                         

                        しい条件にさらされますと耐えようとしま

                         

                        す。結果、固くて小さな実になります。ぶど

                         

                        うが気持ち良い環境を作ってあげて下さい。

                         

                         

                        木が既に育っていますので条件を整えれば直

                         

                        ぐに立派なぶどうが生ると思います。」

                         

                         

                         

                         

                        当家の木の育ち具合を見て頂き、実を生らせ

                         

                        るに十分な成長と意見して頂けたのは、

                         

                        すごく嬉しく、安心しました。

                         

                         

                         

                         

                        「ぶどうが気持ちいい環境」作りをした

                         

                        ブログを、来春よりアップしていきたい

                         

                        と思います! 

                         

                         

                         

                         

                         

                        👉 後日、ピオーネの木の剪定をしました。

                         

                          その時の記事が、「こちら」!!

                         

                         

                         

                         

                        👉 後日、ピオーネの木の粗皮剥ぎ

                         

                          しました。

                         

                          その時の記事が、「こちら」!!

                         

                         

                         

                         

                        👉 ぶどうの苗木 いろいろな種類の記事!

                         

                         

                         

                         

                        👉 ピオーネの副芽と巻きひげを取り除いてみました

                         

                          その時の記事が、「こちら」!!

                         

                         

                         

                        👉 ピオーネ 毎月の記録を残しています。

                         

                          その記事が、「こちら」!!

                         

                         

                         

                         

                         

                        👉 お時間ございましたら、

                         

                          その他ピオーネ記事もご覧下さい!!

                         

                          記事のコーナーは、「こちら」!!

                         

                          ブログ右側の「Selected Entries」

                         

                          よりタイトルをご確認下さい!

                         

                         

                         

                         

                        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                         

                         

                         

                         

                        ほんの少しでも、

                         

                        面白いと思って頂ければ、

                         

                        下のバナー(コロ)を

                         

                        「ポチッ」と押して頂きますと、

                         

                        これからも、頑張れます!

                         

                         

                        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                         

                         

                         

                         

                         


                        にほんブログ村

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        Calendar
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << May 2018 >>
                        ご覧頂きありがとうございます。
                        @korolemon
                        スポンサーリンク
                        ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!

                        にほんブログ村
                        ブログ感覚でHPを簡単作成
                        日本ブログ村ランキング
                        PVアクセスランキング にほんブログ村
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recommend
                        バースデー プレート
                        バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                        大切な人へ。

                        生涯残る、唯一の贈り物。
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM