2019.02.16 Saturday

さよならライブ 大学生活最後のライブが終わりました・・・

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     

    平成31年2月  9日(土)

    平成31年2月10日(日)

    平成31年2月11日(祝月)

     

    兵庫県三宮で、長男坊の属する軽音サークルのさよならライブがありました。

     

     

     

    卒業生が、それぞれ1枠(30分)持ち、その人がメンバー(ヘルプ)を集め、

     

    アーティストを決め演奏します。

     

     

     

    長男坊の枠は9日でした。

     

    10日は、ヘルプで3つ出ました。

     

    計、4つのバンド、19曲をコピーすることに・・・

     

     

     

    KAORU (長男坊の枠) 

     

    OKAMOTO'S

     

    ザ・マスミサイル

     

    有形ランペイジ

     

     

    のアーティストを演奏しました。

     

     

     

    9日と10日 両方行きたかったのですが、

     

    10日は友人が自宅に来てくれる事になっていましたので、

     

    9日(長男坊枠)だけ見に行くことにしました。

     

     

    自分の枠の時は、自分がMC(演奏と演奏の間のトーク)をします。

     

    なので、9日は絶対に行きたかったのです。

     

     

     

    何故、「KAORU」さんを選んだのかと言いますと・・・

     

     

    先ず、KAORUさんとは、Superflyのバックコーラスをしていた事もある方です。

     

    ちなみに、オフィシャルウェブサイトは「こちら」です。

     

    お時間がある方はご覧頂きたいのですが、すごくお上手です。

     

    私が「お上手」という表現を使うのは僭越なのですが、すごくお上手です。

     

     

    そのKAORUさんが、当家が住む町のバーに来た事があるそうです。

     

    長男坊も見にいったそうです。

     

    2m程先に、KAORUさんが居て、生の歌声を聞いたそうです。

     

    それから、気が付くとKAORUさんの曲を聞くようになったそうです。

     

     

    さよならライブでKAORUさんを演奏したいと思って、

     

    何人かのボーカルに話しをしたそうです。

     

    そしたら、長男坊が是非もう1度一緒に演奏をしたいと希望していた

     

    ボーカルの方が「やりたいっ!」と言ってくれたそうです。

     

     

    以前に、別のバンドでサックス担当として一緒に演奏をした事があったのだそうです。

     

    その時に、歌も非常に上手いことを知って、是非もう1度と思っていたそうなんですが、

     

    その方は、あまり沢山バンドに出ないようなのです。

     

    来年は就職するのではなく、大学院に行くそうなので、何かと忙しかったのでしょう。

     

     

     

    前置きが長くなりました。

     

    そんな状況での演奏でした。

     

     

    私は、いつも通り、ビデオ係です。

     

    ずっと、ビデオを撮っていました。

     

    アングル等が気になり、生ライブを実感できないので嫌なのですが仕方ありません。

     

     

    ビデオを撮っていると、少し涙ぐんできました。

     

    決して涙を流す程ではありませんが・・・ ^^;

     

     

     

    よちよち歩きしか出来ないぐらいの時、高い高いをして、キャッチ出来ずに落とした事。

     

    サッカーや野球もやりましたが、少し球技は不得意なのか、親子練習をよくした事。

     

    受験時、十分集中できずに、「何故、やるべき時に集中できないんだ!」と喧嘩した事。

     

    高校も、「中退するっ!」と言い出し、「勝手にしろっ!」と喧嘩した事。

     

     

     

    色々な事が走馬灯の様に思い出されます。

     

    「あのチビッコが、もう大学を卒業。最後のライブ。そして、今春から社会人。」

     

    早いものです。

     

     

     

     

    「KAORU」「有形ランペイジ」は、リードギター、キーボードが同じ人です。

     

    リードギターの子は、長男坊曰く、学内で1番上手いギタリスト。

     

    キーボードは、長男坊の彼女さんです。

     

     

    今の雰囲気を見る限り、恐らくは、1学年下の彼女さんが卒業したら、

     

    彼女が就職した後、結婚しそうです。

     

    「あのチビッコが・・・」と言っている間に「おじいちゃん」になるかも・・・

     

     

     

    そんな思いを感じながら・・・

     

    記念に、3曲アップしておきたいと思います。

     

    全曲は流石に長いので・・・

     

     

     

    1曲目は、KAORUさんのAHH。

     

    ドラムソロが長めであります。最後の記念にしたかったのでしょう。

     

    2曲目は、有形ランペイジの歌なし、演奏だけの曲です。

     

    3曲目は、またまたKAORUさんのDREAMER。

     

    今回の19曲の中で、1番完成度が高いと感じた曲です。(インスト以外で)

     

     

    もし、お時間が頂けるようでしたら、1曲だけでも聞いてやって下さい。

     

    本人にとって、高校からの7年間の集大成です。

     

     

     

     

    ただ、最後に1つ、気になる事が・・・

     

    来週の18日(月)、卒業できるかどうか判明するとの事・・・

     

    (取得単位が足りるかどうか判明)

     

     

    なんと恐ろしい事を、本日告げるのだろう・・・  

     

    我が子ながらに・・・  恐ろしい・・・

     

     

     

     

    1曲目 KAORU AHH

     

     

     

    2曲目 有形ランペイジ インスト

     

     

     

     

    3曲目 KAORU DREAMER

     

     

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.02.10 Sunday

    平成31年2月 レモンの木への元肥やり。

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      平成31年2月

       

      レモンの木への元肥やり。


       

       

      2月が来ました。

       

      元肥を施肥する時期です。

       

       

       

      昨年も、2月12日に施肥しました。

       

      * 施肥量の目安。

       

      * 有機質肥料で元肥・無機質肥料で追肥。

       

      * 肥料やけについて。

       

      等は昨年のブログ記事にアップしました。

       

      昨年記事は、「こちら」です。

       

       

       

       

      昨年の施肥での失敗事項

       

      有機質肥料として使用したのが「骨粉入り油かす」です。

       

      NーPーK = 5ー3ー2 のものを探したのですが、

       

      近隣ホームセンターでは見つけられず。

       

      NーPーK = 5ー5ー0 のものを購入しました。

       

       

       

      つまり、チッソ、リンサンは入っているが、カリが「0」という事。

       

      施肥時には、今後少しづつカリを追肥するつもりでした。

       

      しかしながら、案の定忘れており・・・

       

      5月に入って、花がどんどん落ち、又、不完全花ばかりなのを見た時に、

       

      カリをあげていない事を思い出し、それが原因かと不安がったものです。

       

       

       

      なので、今回は同時にカリも混ぜてみました。

       

      カリは、化成肥料と同時に撒くと化学反応をおこしてしまうので

       

      良くないようですが、「油かすなら、まぁいいかと思ってしまいました。

       

       

       

      施肥する量をどうしようか・・・

       

      再度、樹幹を測り直して量を見直しました。

       

       

       

       

      こう見ますと、庭植えレモンの樹幹は10冂度しか広がっていません。

       

      剪定している事が大きな原因かもしれませんが。

       

      花柚子は、30冂広がっている様です。

       

      カクテルツリーを目指した事もあり、

       

      剪定時、あまり切らず、大きくするようにした為でしょう。

       

       

       

      平成31年2月 欄に記載の量を施肥しました。

       

      カリは、庭植えレモンと花柚子には、20g。

       

      他の鉢には、ひとつまみ程度づつあげました。

       

       

       

       

       

      拮抗作用(二つの要因が互いにその効果を打ち消し合うように働く作用)

       

      という言葉を学びました。

       

       

      拮抗作用でよく問題とされるのが石灰・苦土・カリのようです。

       

      塩基バランスとして石灰:苦土:カリの比は5:2:1 が指針となっているようです。

       

      カリの入れ過ぎにより、カルシウム・マグネシウムの吸収が妨げられるようになる事に

       

      注意しないとなりません。

       

       

       

      さて、骨粉入り油かすですが、昨年のものが1袋残っていました。

       

      2袋購入しましたが、1袋しか使用せず、封も開いておりません。

       

      昨年と同じ状態を想像しておりました。

       

       

      < 昨年、封を開けた時の状態 >

       

      結構、さらさらとした状態でした。

       

       

      それが・・・

       

      袋の印刷も色あせて・・・

       

       

       

       

       

      まるで牛糞のようにねっとり固まっておりました。^^;

       

      必要な分量を購入しないとと改めて学ばせて頂きました。

       

       

       

       

      きっちりと分量を量ってやってみました。

       

      牛糞化していたら、ダメでしょうか? 少し不安です。

       

      少なくとも水分が含まれている分、量も違ってくる様な気が。

       

       

      いや、それ以上に・・・

       

      質の問題が・・・

       

       

      まぁ、その辺りは無視することにして・・・ ^^;

       

      先ずは、庭植えレモンからです。

       

       

       

       

       

       

      スカートを少しめくっての作業となりました。

       

      不織布を外して、巻き直すのが面倒くさかったからですが、

       

      スカートの下に頭を突っ込んでの作業中・・・

       

      おしっこ臭いのなんの・・・ コロの匂いプンプンで大変でした。

       

       

       

      その後、花柚子にも、カラタチにも、鉢植えにも・・・

       

      取り敢えず、骨粉入り油かすならぬ牛糞+カリを施肥してみました。

       

       

      <花柚子>

       

      <カラタチ>

       

      <鉢植えレモン>

       

       

      庭植えは、軽く梳き込んで、

       

      鉢植えは、表面に置いただけです。

       

       

       

      さて、今年もこれで終了としてみました。

       

      後は、葉の色、枝の成長等を見ながら、

       

      何を追肥していくのかを決めていきたいと思います。

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.02.02 Saturday

      ブログネタが集まってくる。 焦らずに1つ1つゆっくりと・・・

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         


        ブログネタが集まってくる。

         

        焦らずに、1つ1つゆっくりと・・・


         

         

        冬は、草木の成長が止まり、ブログネタに困る時期です。

         

        「さて、今週は何にしよう・・・」

         

        毎週土曜日に悩んでいます。 ^^;

         

         

         

         

        平成31年2月1日(金)

         

        仕事から帰ってきますと、なにやら置物が・・・

         

         

        「紅花りんご 王将」と記載された箱。

         

        もっとも、これはブログネタではないのですが、

         

         

         

         

        23個の2段積みでした。

         

        おばぁさんの衝動買い。

         

         

        とあるブロ友さんのお買い物程ではありませんが・・・

         

        ???

         

        いや、それ以上かもしれませんが・・・

         

         

        おばぁさんのネットショッピング好きには困ったものです。

         

        暇な時間はテレビなので・・・

         

        見たい番組が無い時は、ネットショッピングなんで・・・

         

        いろいろなグッズが増えていきます。

         

         

         

        今回の様な「りんご」なら、まだ嬉しい限りです。

         

        当然家族皆で食べられるので。

         

        「何に使うの? これ??」

         

        というものまであります。

         

         

        もっともどうかと思うのが、掃除機と暖房具と扇風機。

         

        「そんなに買ってどうするの?」と思うのですが、

         

        結局は古いものから捨てていっています。

         

         

         

        話しがだいぶ逸れましたので戻しますが、

         

        蜜たっぷりで、大変美味しいリンゴでした!!

         

        今回は、大成功です!!

         

         

         

         

         

         

        そのおばぁさんが、やっと貰ってきてくれました!

         

        以前、お友達から自作の「焼肉のたれ」を貰ってきたのです。

         

        それが美味しくて美味しくて・・・

         

        忘れられない私は、そのレシピを貰ってきてと頼んでいたのです。

         

         

        頼むのを、何度も忘れられていて・・・

         

        「まだ〜?」と何度も何度も頼み続けていたのです。

        *頼んでる言葉ではないですネ。

         

         

         

        たった1枚の紙です。

         

         

        焼肉のたれ (中火)

         

        キッコーマン醤油  2本

        ヒガシマル薄口醤油 1本

        にんにく      1kg

        ・・・・・

        あとは内緒です!

         

         

         

        えっ??

         

        醤油が3本??

        にんにくが1圈?

         

        これ、もの凄い量ができるんじゃない??

         

         

        驚いた私はおばぁさんに尋ねますと、

         

        そのお友達はもの凄い量を毎回作るのだそうです。

         

         

        そして、大量にできた「焼肉のタレ」を子供達の家庭に配るのだそうです。

         

        毎回、この「焼肉のタレ」でも、毎回、凄く喜ばれるのだそうです。

         

        それぐらい美味しく、消費されるので、

         

        毎回、「焼肉のタレ」でも喜ばれる。

         

        そんな、もの凄い「焼肉のタレ」です!!

         

         

         

        そして・・・

         

        記載されてある調理方法が・・・

         

        (中火)   のみ。 ^^;

         

         

         

        やってみましょう!!

         

        (中火)のみです!!

         

         

        ちょっと、今日明日と来週、忙しいので・・・

        いつの日になるか分かりませんが・・・

        焦らずに、1つ1つゆっくりと・・・

         

         

         

         

         

        で、もう1つ、箱が届いていました。

         

        箱を開けると、中から出てきたものが・・・

         

         

         

         

        ほとんど忘れかけていた「漆喰」です。

         

        妻に尋ねますと、

         

        「あぁ、割引期間が過ぎそうだったから、取り敢えず2つ買ってみた。

         

         後で追加購入する分も割引がきくようになるし・・・」

         

         

         

         

        地震でクロスにひびが入り、壁を塗る事にしました。

         

        そのいきさつを記載したのが、「こちら!」です。

         

        漆喰塗りにチャレンジしてみました。

         

         

         

         

         

        18圈淵ラー:クリーム)を1缶。

         

         5圈淵ラー:若草色) を1缶。

         

         

        失敗してもいいような、目立たない所からやってみる!

         

        そうです。

         

         

         

        気になるお値段ですが・・・

         

        今回購入した4点計で、20,307円也。

         

        ホームセンターで買うより、

         

        日本プラスター蠅離曄璽爛據璽犬ら買うより、

         

        安く買えている様です。

         

         

         

         

        10畳部屋を塗るのに、18kgが2缶必要とか。

         

        全部で何缶必要になるのだろう・・・ ^^;

         

        それと、完成までに何年かかるのだろう・・・

         

         

        資材を購入するのに4か月もかかっているのに・・・

         

         

         

        不安はいっぱいですが、

         

        買ってしまったものはどうしようもありません。

         

        完成するまで、いざ、突き進むまでです!

         

         

        Categories にも、「漆喰塗り」を足しました。

         

        時間をかけて気長にやっていきましょう。

         

         

         

         

        「こて」は2種類買っています。

         

        では、「こて板(漆喰を乗せる板)」は???

         

        どこに漆喰(土)を取るの??

         

         

        素朴な質問を妻にしてみますと・・・

         

        「あっ、忘れてた・・・」

         

         

        そのレベルからのスタートです。

         

        試してみたいと思われる方にとって参考になるノウハウ記事が出来そうな気がします。

         

        上手くいった場合の話しですが・・・

         

         

        頑張っていきます!!

         

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.01.27 Sunday

        レモンの成長 31.1  この冬初めて庭に薄っすら雪が・・・

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           


          レモンの成長 31.1

           

          この冬初めて庭に薄っすら雪が・・・


           

           

          平成31年1月27日(日)

           

          本日のこちらの気温、

           

          最低気温 0℃、

          最高気温 7℃、 の予想です。

           

           

          さて、今朝起きて窓から外を見ますと、

           

          屋根に雪が積もっているではありませんか。

           

          何を今頃、と言われるかもしれませんが・・・

           

           

           

           

          早速庭に出て様子を見ますと・・・

           

          全く雪がありません。

           

          鉢にかろうじて薄っすら残っている程度です。

           

           

           

           

          道路沿いに止めてあった車にはだいぶ残っています。

           

          まだ、昨年程ではない感じです。

           

           

          今年、庭植えレモンに不織布を巻きましたが、

           

          その他、鉢植えレモンに防寒対策を全くしておりません。

           

           

           

          「畑ではなく、住宅地で育てるのなら、そんなに気温は下がらないのでは?」

           

          「万一雪が積もる程になるようなら、屋内に移動させる。」

           

          という考えのもと、鉢植えレモンには何の対策も施さない事にしてみました。

           

          無事この冬を乗り切ってくれる事を信じましょう。

           

           

           

          さて、今月も今の状態を記録しておきたいと思います。

           

           

           

          👉 カラタチ

           

           

          先週、カラタチの挿し木を試みました。

           

          まだ1週間しか経過しておりませんので全く変化はありません。

           

           

           

           

          鉢に挿した後は、ずっと玄関内の下駄箱上にて保管。

           

          水は1週間やっておらず、今朝、袋をのけて、

           

          上からほんの少しだけ水をかけました。

           

           

          湿度を保つ為、1か月はビニール袋で覆っておく予定です。

           

           

           

           

          鉢植え・庭植えカラタチ共に変化なしです。

           

           

          3月は本当の適期となりますので、

           

           〆禿戞∩泙渓擇鮗損棔

          ◆,修慮紂■記冂度までの強剪定を実施。

           

          を試みて、「増やす・大きく育てる」の検証の年としてみます。

           

           

           

          👉 庭植えレモン

           

           

           

           

           

          唯一、防寒対策をしてもらった過保護ちゃんです。

           

          3月、剪定予定。

           

          もう、上へ上への成長を止めて、もう少し扇形にしていきたい。

           

           

           

           

          👉 花柚子

           

           

           

          花柚子も大きな変化はなく元気です。

           

          手前側に接ぎ木したせいでしょうか?

           

          その枝が、かなり目立ちます。

           

           

           

           

          花柚子に接ぎ木したアレンユーレカレモンです。

           

          今年か来年、花柚子とレモンの果実が同時に生っている絵を見れるでしょうか?

           

          楽しみの1つに育ってきました。

           

           

           

          👉 鉢植えレモン

           

           

           

          今年は、昨年の様に透明のゴミ袋で巻いていません。

           

          その分、少し壁際に寄せて風に当たりにくくしてみました。

           

          雪が積もる程になれば、玄関内に入れてみましょう。

           

           

           

          👉 挿し木鉢植えレモン

           

          出戻りも含め、又、大所帯になっています。

           

          その分、思い切った検証を実施できる気分になっています。 ^^;

           

           

           

           

          これだけ寒くなってきた1月になっても・・・

           

          まだ、蕾が・・・

           

           

           

          あの1つだけ小さかった鉢も、

           

          少しづつ成長しています。

           

          最初が弱ければ、ずっと弱い木になるのかなぁと思いましたが、

           

          その後の健康な成長で、大きく育つ事もあるのだと・・・

           

          元気に大きく育てていきたいものです。

           

           

           

           

          そして、最後の挿し木鉢植えレモンにも・・・

           

          やはり、蕾が・・・

           

           

          こんなに蕾が見られるようになると、

           

          もう、実をつけられるのではないか?

           

          という気持ちになってしまいます。

           

           

          桃栗三年柿八年・・・

           

          いえ、レモンは2年から3年で果実が生りますよ!

           

          と言えたら最高ですね。

           

           

           

           

          頂いたあじさい、コサージュ。

           

          こちらも元気に育ってくれています。

           

          今年は、綺麗な花を見せてくれるのでしょうか?

           

          楽しみの1つになっています!

           

           

           

          昨年1月の記録を見てみました。

           

          1年で、こんなにも育つものなんだなぁと、

           

          改めて感じる事ができます。

           

           

          後2か月もすれば、

           

          又、今年の活動が始まってくれます・・・

           

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2019.01.19 Saturday

          カラタチの挿し木をやってみた。 実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             

             


            カラタチの挿し木をやってみた。

             

            実生以外でも苗を増やせるのでしょうか?


             

             

             

            柑橘系の台木としてカラタチを育て初めて1年が経とうとしています。

             

            当初接ぎ木されていたみかんの穂木は枯れてしまいました。

             

            その後、ぐんぐんカラタチの台木は成長。

             

             

            庭植えのカラタチは縦に、

             

            鉢植えのカラタチは横に、成長しています。

             

             

            横に横に伸びる枝は少し邪魔になってきて・・・

             

            切り捨てるには惜しいので挿し木にチャレンジしてみる事に。

             

             

             

             

            カラタチのタネは多胚性と言って一粒から2〜5本の芽(苗)が出る様で、

             

            カラタチの苗を作るのは挿し木ではなく、

             

            種を蒔いて育てるのが主流だとか。

             

             

             

            挿し木で大丈夫かな?等と記事をアップしておりますと、

             

            ブロ友さんからコメントを頂きました。

             

            「私もカラタチの挿し木をしていますが、挿してから1年は生きているのかどうかも分かりません。

            まずカラタチの挿し木は発根が遅いです。

            なので挿してから1年は放置。

            1年後に抜いてみると枝は緑であっても発根していないものも多々あります。

            ・・・・・

            発根していても肥料などの養分を与えていないので枝の太さは挿した時と同じ。

            発根していれば2mmの太さの枝に接木してようやく成長を開始。 

            私の場合、一番細い枝の接木がこのカラタチの接木になります。

            接いでから1年経って30cm。 特に1〜3年は成長が遅いです。 5年で2.5m。

            これくらいになりますと100個は生らせられますので一応完成体。 ・・・」

             

             

             

            「挿し木の時期が早過ぎますと失敗します。

            カラタチの挿し木の時期は3月くらいが良いと思います。

            挿し木はカルスの形成を早めて枝中養分の流出を防ぐ。

            接木は形成層の活着を早めて台木から接木した穂木に早く養分を送る。

            挿し穂も接木の穂木も疲れ切る前の如何に短時間で進めるか。 ここがポイントです。

            温度と光。 重要な要素になります。

            私も過去に1月早々(元旦)に各種の挿し木をしたことがあります。

            発根時期は1〜2ケ月早めても変わりませんし、逆に成功率が落ちます。

            korolemonさんも冬に1/3。春(3月)に残りの2/3を挿してみて下さい。

            実際にやって確認することも重要ですので。」

             

             

            外ではなく、家屋の中で、

             

            一定の水分もきっちりキープしてあげれば、

             

            1月でも挿し木OKかなぁ?と安易に考えていたのですが・・・

             

             

            教えて頂いた様に、

             

            1月と3月にカラタチの挿し木を行い、その違いを見てみる事にします。

             

             

             

             

            倉庫を覗くと、種まきの土が残っていました。

             

            赤玉土ではなく、種まきの土を使ってみました。

             

             

             

             

            鉢が用意出来ましたので、

             

            横に伸びた枝を切り、穂木を作ってみます。

             

             

             

             

            切り取った枝をよく見てみますと、

             

            何やら新芽も見える様です。

             

             

             

             

            なかなかに元気そうな枝なので少し安心です。

             

            ちなみに、事前にトゲを切り落としています。

             

            まめまめしく、癒合促進剤も塗り水分が抜けるのを少しでも防いでみました。

             

             

             

             

            この枝を半分に切ってみると、

             

            長さ、12〜13僂箸い辰燭箸海蹐砲覆蠅泙靴拭

             

             

             

            「出来れば長さは20cmくらい。 挿す深さは5cmくらい。」

             

            とのアドバイス通りにと思っていましたが、

             

            それよりは短い状態となってしまいました。  ^^;

             

             

             

            枝をハサミで切りました。

             

            以前レモンの挿し木をした時もハサミで切りました。

             

            この時に、「ハサミが切れにくかったのか切り口が傷んでいたので、

             

            新根が出にくかったのでしょう。」

             

            とのコメントを頂きましたので、今回は「接ぎ木ナイフ」で綺麗にカット!

             

            又、断面積を増やす為に斜めにカットしてみました。

             

             

             

             

            そして次に、発根促進剤の準備です。

             

            「ルートン」も以前使用したものが残っていました。

             

             

             

             

            その間、切った穂木は水につけておいてみました。

             

            時間にして、約20分程度。

             

             

             

             

             

            少し穴を掘り、穂木に土を被せてみました。

             

            穂木を差し込むように土に入れると、

             

            発根促進剤が取れるので、取れないように注意します。

             

             

            種まきの土はさらさらしています。

             

            ちょっと当たると、斜めに傾く程です。

             

            穂木の周りの土を、少しギュッと押し固めてみました。

             

             

             

             

            「挿してから一ケ月は挿した鉢ごとビニール袋で覆って湿度100%を維持し

             

            枝から水分が抜けないようにします。」

             

            とのアドバイスも頂いておりましたので、

             

            割りばしを4か所鉢に差し込み、ビニール袋をかけてみました。

             

             

             

             

            さて、これで完了とします。

             

             /緤を保ちながら、

             

            ◆_案發如

             

             1か月はビニール袋をかけて、育ててみます。

             

             

            3月になったら、同じ様にもう1鉢作ってみます。

             

            2つの鉢の成長記録を付けていってみます!!

             

             

            1年経過しても、「枯れてはいないが新根も未だ出てこない」

             

            という状態もありうるとの事にて、

             

            レモンの挿し木以上に気長に検証していかなければなりません。

             

            頑張りましょう!

             

             

             

             

             

            ほんの少しでも、

             

            面白いと思って頂ければ、

             

            下のバナー(コロ)を

             

            「ポチッ」と押して頂きますと、

             

            これからも、頑張れます!

             

             

            宜しくお願いします。 おじぎ の画像

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2019.01.14 Monday

            今年のスケジュールを再度確認!

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

               

              長男坊がお米の精米に行ってきてくれました。

               

              最近、力仕事は息子2人にお任せです。

               

               

              精米に行くならと、米ぬかも取ってきてもらいました。

               

              EMぼかし肥料を全部使ってしまいましたので、

               

              再度作ってみようと思っていたので・・・

               

               

               

               

              取ってきてもらった米ぬかを見て思いました。

               

              しようと思っていた事がほとんど出来ていない。

               

               

              というか、何々する予定だったのだろうか?

               

               

              その場限りの私は、何も覚えていません。

               

               

               

               

              少し、自分のブログ記事を読み直してみました。

               

              「あれっ? ピオーネの土作りをした後、施肥したっけ?」

               

              その場限りの私は、何も覚えていません。

               

               

               

              そう言えば、施肥する度に、記録を残していこう。

               

              施肥履歴だけの記録簿を作ろう。

               

              結局、どれぐらい肥料をやったのか全く分かっていない。

               

              と思ったものの、それ以降何もしておりません。

               

               

              早速、本日のピオーネ施肥から記録を残す事にしました。

               

              施肥記録簿の登場です。

               

              レモンとピオーネ、それぞれでつけていく事にします。

               

              (レモンと花柚子はほとんど同じ内容でやっています)

               

               

               

               

              その他「もれ」解消の為、すべき事を書き出してみました。

               

               

               

               

               

              < レモン ・ 柑橘系 >

               

              ・1月、及び、3月  カラタチの挿し木を行う。

               

               カラタチを挿し木し、増やす事を試みます。

               

               本来適期は3月という事のようですが、

               

               1月にもやってみて、その違いを検証してみましょう。

               

               

              ・2月  元肥の施肥

               

               昨年施肥した「骨粉入り油粕」はカリが0のものであったにも拘わらず、

               

               カリを施肥せず。

               

               今年も昨年の肥料が残っていますので、カリを足して施肥してみましょう。

               

               

              ・3月第1週  接ぎ木実施

               

               カクテルツリーを作る為、昨年も行いました。

               

               結果、庭植えリスボンレモンにも、花柚子にも成功したのは、

               

               アレンユーレカレモンのみ。

               

               今年こそはと、再度チャレンジしてみようと画策しております。

               

               できうれば、レモンや柚子に「みかん」の接ぎ木を成功させてみたいものです。

               

               

              ・3月  剪定

               

               今年は、庭植えレモンのトップを切ってしまおうかと検討中です。

               

               これ以上高く伸びてしまっては、キャタツを使っても厳しくなります。

               

               惜しい気持ちもあるのですが、切る事を考えます。

               

               

               それと、鉢植えレモンを2つ用意します。

               

               同じ大きさのものを、

               

               1つは、昨年同様、少しの剪定とし、

               

               もう1つは、1/3〜1/2程度まで強剪定を試みてみましょう。

               

               

               今年は、剪定の強弱による成長の違いを検証してみようと思います。

               

               

               カラタチの強剪定

               

               ご提案もありましたので、5僂任龍剪定を試みたいと思います。

               

               

               

              ・3月  鉢の植え替え

               

               鉢植えレモン達の植え替えを検討中です。

               

               全く替えていないのは、20ℓの鉢です。

               

               どうひっくり返したら良いのかも考えておりませんが、子供達と頑張ってみましょう!

               

               

              ・6月  EMぼかし肥料の作成

               

               6月前にも少し作るかもしれませんが、寒いので屋内保管可能な分量のみとします。

               

               EM菌は平成29年7月に購入しましたので、既に1年半程経過した状態です。

               

               EM菌は1年程度は大丈夫と書かれていました。

               

               EM菌の寿命の検証も合わせてしてみたいと思います。

               

               

               

              < ピオーネ >

               

              ・2月  粗皮削り

               

              ・4月  樹液採集

               

               美容液だと知りましたので、採集し使ってみたいと思います。

               

              ・4月  ビニールシートと反射板設置

               

                 ̄除けは必要か?

               

               ◆〔剤は必要か?

               

                袋掛けは必要か?

               

               ぁ〕佞箍娘造砲匹譴阿蕕い陵曚必要なのか?

               

              今年は、半分ぐらいに分けて色々試してみたいと考えています。

               

              分けてやったら、その方が悪い場合もあるのかもしれませんが・・・

               

              もっとも、新しい枝が生えてきてくれればの話しなのですが。^^;

               

               

               

              今年、試してみたい事を書き記してみました。

               

              1つづつ、失念することないように実施してみたいです。

               

              思い出した事があれば、この記事に追加してメモ帳替わりに使いましょう。

               

               

               

              夏枝に生ったレモンですが、

               

              黄色く色づいております。

               

              春先まで待たずとも、十分完熟することが分かりました。

               

              いつ収穫しようかと思案中です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ほんの少しでも、

               

              面白いと思って頂ければ、

               

              下のバナー(コロ)を

               

              「ポチッ」と押して頂きますと、

               

              これからも、頑張れます!

               

               

              宜しくお願いします。 おじぎ の画像

               

               

               

               

               


              にほんブログ村

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2019.01.13 Sunday

              難しかった、「いちご大福」。 もう2度と作らないレシピに登録。

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 

                 

                年初から何かとありまして、

                 

                本日が今年初めてのブログとなります。

                 

                明けましておめでとうございます。

                 

                本年も、宜しくお願い申し上げます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                平成31年1月1日 AM 7:30頃の写真です。

                 

                 

                夕日のようにも見えますが、

                 

                寝室から見た「初日の出」です。

                 

                写真からも分かると思いますが、はっきりと輪郭まで見えました。

                 

                 

                長男坊も、次男坊も「初日の出」を見に大晦日からそれぞれ外出。

                 

                大人3人での寂しい大晦日となりましたが、

                 

                子供達も、美しい「初日の出」が見れたようで、

                 

                大変良い年となるような気分になれ、嬉しかったです。

                 

                 

                 

                 

                さて、先日、「いちご大福」のレシピがのっていたのを発見しました。

                 

                取り上げて「いちご大福」が大好きだという事ではないのですが、

                 

                「電子レンジを使って、所要時間 30分で出来る・・・」

                 

                とのうたい文句に目が行き、

                 

                そんなに簡単に出来るものなら、ちょっと作ってみようかと。

                 

                いちご大福は、買うと結構高いので敬遠しがちだったし・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                さて、早速材料を買ってきました。

                 

                 

                < 材料 9個分 >

                 

                いちご(小さい方が作りやすいかも)     9個     270円

                白玉粉                  150g     265円

                きび砂糖                  36g    

                水                    225cc

                粒あん (1袋で足りました)     30g×9個分    284円

                片栗粉                   適量     20円         

                                                     839円

                                                    (約93円/個)

                 

                 

                 

                ネットで調べると、様々なレシピが出てきました。

                 

                ほぼほぼ同様なのに、材料の割合が違うものも・・・

                 

                白玉粉が150g/1袋だったので、

                 

                その1袋をベースに平均的な割合で他材料の分量を決めてみました。

                 

                 

                 

                分量も勘案し、おおよそのコストも計算してみました。

                 

                約93円/個となり、200円内外と思われる「いちご大福」と比べると安価ですむものの、

                 

                そこそこのコストがかかる事が分かりました。

                 

                 

                何故、コスト計算までしたのか・・・

                 

                当然のことながら、上手くいかなかったからです。 ^^;

                 

                これなら・・・

                 

                200円でちゃんとした「いちご大福」が買えるなら、

                 

                買った方が・・・     いいっ!!

                 

                 

                 

                 

                 

                *実施状況のご報告です。

                 

                 

                1、いちごを洗って、へたを取りました。

                 

                 

                 

                2、あんこを30gづつで一塊に!

                 

                 

                 

                 

                他のレシピでは「こし餡」を使っているものの方が多いように見えましたが、

                 

                当家は「粒あん」の方が好きなので「粒あん」にしました。

                 

                 

                 

                3、いちごをあんこで包んでみました。

                 

                 

                 

                4、白玉粉と砂糖を混ぜ合わせます。

                 

                 

                 

                5、水を少しづつ加えながら混ぜていきました。

                 

                 

                 

                全部の水を入れきったところ。

                 

                 

                ちょっと水が多いのかな? と思ったぐらい水っぽい状態でした。

                 

                この後少し電子レンジを使いますが、「それぐらいで固まるのだろうか?」という感じ。

                 

                 

                6、ラップをかるく乗せ、電子レンジで2分温めました。(500W)

                 

                 

                液体の中に、固まりが混在していました。

                 

                この固まりを潰すように混ぜてみますと、上記の様にどろどろしてきました。

                 

                 

                混ぜる時に、木べらを使いました。

                 

                水に濡らした木べらの方が引っ付かないので良い様です。

                 

                 

                7、再度ラップを軽くかけ、2分温めてみました。

                 

                 

                少し透明っぽい固まりが見えます。

                 

                 

                固まりがなくなり、全体がどろどろした感じになる迄混ぜてみました。

                 

                 

                 

                8、再度、電子レンジで1分温めました。

                 

                 

                 

                これで完成の・・・  はず・・・

                 

                 

                9、これを片栗粉をまぶした上に乗せました。

                 

                 

                 

                ご覧の通り、まだ、どろどろしています。

                 

                片栗粉が表面に着くとベタつかず、処理しやすくなるというので・・・

                 

                 

                 

                 

                これが、やり過ぎだったのでしょうか?

                 

                包んでも、最後が引っ付かなくなりました。 ^^;

                 

                 

                それと、もう1つ。

                 

                この時、暫く時間をおいた方が良かったのかもしれません。

                 

                冷めると固くなって包めなくなるようでしたので、

                 

                直ぐに、1つ包んでみました。

                 

                 

                結果・・・

                 

                 

                 

                 

                もう、どろどろで・・・

                 

                手にばかり引っ付いて・・・

                 

                片栗粉を手に付けても付けても・・・

                 

                 

                いっきに嫌気がさした瞬間でした。 ^^;

                 

                 

                 

                 

                もう、どうにもなりませんでしたので、

                 

                板の上で残りを8等分して、

                 

                これの上に直接、練乳を少し落として、

                 

                餡いちごをその上に置いて、

                 

                皮を上に引っ張るように伸ばして、

                 

                最後はきっちりと引っ付きませんでしたので、

                 

                そのままひっくり返して、見えなくしました!! ^^

                 

                 

                超ごまかし!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                さて、試食会です。

                 

                 

                あばぁさん曰く・・・

                 

                「この表面の粉、片栗粉?  ーーーーーー こんなに付けて・・・」

                 

                「だから、白玉粉じゃなくて、もち粉を使った方がいいって言ったのに!」

                 

                「もち粉の方が、もっとしっかり固まって包みやすいんやって!!」

                 

                 

                 

                 

                「・・・・・・・・・」

                 

                 

                 

                 

                 

                すかさず、妻が・・・

                 

                「もうっ! あぁ、美味しいなぁっ!って言っておけばいいやんっ!!」

                 

                 

                 

                 

                「・・・・・・・・・・」

                 

                「いいやんっ!! って何????????」

                 

                「そっちの方が傷つく・・・」

                 

                「もう2度と、いちご大福はつくらない・・・」

                 

                 

                 

                 

                夕方、次男坊が帰宅しました。

                 

                いちご大福を食べました。

                 

                 

                「どう? お父さん作ってんけど!」

                 

                「これ白玉粉使った?」

                 

                「そうやけど、何で?」

                 

                「俺も、前使って失敗した。どろどろになって難しかったやろ!」

                 

                「そうそう。だから、裏側も引っ付いてないねん。」

                 

                でも、むっちゃ美味しいで!! 全部食べてもええん??

                 

                 

                 

                そう、これです。

                 

                相手を傷つけても、

                 

                その後のフォローを忘れないで欲しい・・・

                 

                 

                 

                それでも・・・

                 

                いちご大福以外のものにチャレンジしよう・・・ ^^;

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんの少しでも、

                 

                面白いと思って頂ければ、

                 

                下のバナー(コロ)を

                 

                「ポチッ」と押して頂きますと、

                 

                これからも、頑張れます!

                 

                 

                宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                 

                 

                 

                 

                 


                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.12.29 Saturday

                田村みかんを買ってみた。 紅まどんなと食べ比べてみた。家族で食べ比べ・・・

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   


                  田村みかんを買ってみた。

                   

                  紅まどんなと食べ比べてみた。

                   

                      家族で食べ比べ・・・


                   

                   

                  とあるお客様宅へ訪問しました。

                   

                  担当者との同行訪問。

                   

                   

                  たいそう喜んでくれました。

                   

                  コーヒーが出て、

                  チョコレート菓子が出て、

                  みかんが出てきました。

                   

                  チョコレート菓子はフランスのお菓子らしく、

                  いろいろとご説明を頂いたのですが、

                  あまり覚えていません・・・ ^^;

                   

                  しっとりとしていて、甘味が少なく、

                  私好みのお菓子でした。

                   

                   

                  あまり時間も取れない状況でしたので、

                  みかんが出てきた時に、

                  「では、せっかくなので持って帰らせて頂きます。」と返事すると、

                  「是非、ここで食べて行って欲しい。」との事。

                   

                   

                  このお客様も頂いたそうなのです。

                  和歌山県有田みかんの中でも高いという「田村みかん」。

                  「ご存知ですか?」と聞かれましたが、知りませんでした。

                   

                  そういうご説明を聞いてから食べたからでしょうか?

                  皮が薄く、特に内皮が薄く感じ、味も甘く感じました。

                   

                  「あぁ、本当に美味しいですね。」と返事した頃、

                  「あれっ? 口の中で甘味が残るなぁ?」と感じていました。

                   

                   

                  その日の晩、ネットで調べてみました。

                  「田村みかん」

                   

                  みかんどころ和歌山県有田地方の中でも、味が濃く多果汁、深いコクがあり、市場関係者の中でもトップクラスの評価を受けるブランド「田村みかん」。平均糖度も14〜15度前後、高いものになるとなんと16度超。みかん本来の味わい、とくに「コク」を感じられる逸品です。和歌山県有田郡湯浅町田村地区のみかん農家。南北に約2キロ、東西に約3キロという、限られた狭い地区で生産される。

                   

                   

                  なるほど、有田みかんの中の1つという事でしょうか。

                  有田みかんの中でも田村地区で採れたみかんの事。

                   

                   

                  頂いたみかんがたいそう美味しかったので、

                  ネットで1箱買ってみました。

                  家で食べるので、傷物でも良い・・・

                  傷物(訳あり)の商品 5圈2,980円の品を購入!

                   

                  少し安易に買ってしまいました。

                  もっと値段の違い等を調べてからにすれば良かったです。

                  表面の傷の有無程度で、味にはそんなに差はないものだと思っていました。

                   

                   

                   

                   

                   

                  美味しいのは美味しいのですが、

                  スーパーで普通に買うみかんと、そんなに違いが分からない程度。

                   

                  おばぁさんも、家内も・・・

                  「うん。みかんだね。」とのコメント・・・

                   

                   

                  よくよく調べてみますと、

                  5圓如6,500円のものも売られていました。

                  赤秀、青秀等、ランクの違いもあるようです。

                  糖度も大分違うようです。

                   

                   

                   

                  まぁ、これもお勉強です。

                  機会があれば、その贈答品用を買ってみましょうか・・・

                  等と思いながら、近くのスーパーに買い物に行きますと、

                   

                  店先で、みかんが沢山箱売りされていました。

                  「田村みかん」

                   

                  えっ・・・

                  「田村みかん」、普通に売っている・・・

                  3圈1,980円。

                   

                  という事は、5圈3,300円で売られているという事。

                  私は5圈2,980円(送料無料)で購入したので安く買えている計算です。

                  訳ありみかん、恐るべし。

                  というより、せっかく買うのであれば、やはり高級品を買うべきでした。

                  味の違いがまるで分かりませんでした。 ^^;

                   

                   

                  等とショックを受けておりますと、

                   

                  その横で、2個で780円(税抜)のみかんが売られていました!

                   

                   

                   

                   

                  おぉ、これは高級みかんです。

                   

                  せっかくなので、これで味の違いを感じてみましょう!

                   

                  という事で1つご購入です。

                   

                   

                  紅まどんな。

                   

                  当然の事ながら、食べた事はありません。

                   

                   

                   

                  早速、皮を剥いてみようと・・・・

                   

                   

                   

                   

                  皮が薄い!!

                   

                   

                  なんという皮の薄さでしょう!

                   

                  剥きにくいぐらいです。

                   

                  なんとか実を傷つけないように剥き食べてみました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  内側の皮も薄い!!

                   

                  何やら形も崩れそうでしたので、包丁で半分に切ってみました。

                   

                  このままお口に持っていけば崩れないでしょう。

                   

                   

                  という事で恐る恐る口の中に・・・

                   

                  妻が、「どう? 美味しい?」と聞くので、

                   

                  「うん。みかんとオレンジを足して2で割ったと言えば聞こえはいいけど、オレンジをちょっと水っぽくした感じとも思える・・・」

                   

                   

                  それから、妻が口にしました。

                   

                  「ほんとだね。」

                   

                   

                  同じ様に感じた様です。

                   

                   

                   

                  その後、長男坊も次男坊も食べてみました。

                   

                  次男坊・・・ 「すっぱーーーーーっ!」

                  どうも、餡ドーナツを食べた後、紅まどんなを食べたようです。

                   

                   

                  長男坊・・・ 「これはこれで美味しいで。なんぼでも食べれそう。皮が薄いからかなぁ?」

                   

                   

                   

                  そして、おばぁさん。

                   

                  「ふーーーーーーーん。」

                   

                   

                  という事で、1セット 2個 780円が一瞬で消えてしまいました。

                   

                  高級品をたらふく食べたら、

                  高級品ではなくなるのでしょうか?

                   

                  これでもか、という程食べてみたいものです。 ^^

                   

                   

                   

                   

                   

                  さて、もうじき今年が終わります。

                   

                  来年に向けて、

                   

                  再度、何をするのか?

                   

                  スケジュールを明記しておきたいな、と思います。

                   

                   

                  接ぎ木・・・

                   

                  施肥量の記録作り・・・

                   

                  思い切った強剪定・・・

                   

                  ぶどう棚の下に白いマルチシートをひき、上からの光の反射板をつくる・・・

                   

                   

                  きっちりと、一度整理してみましょう。 ^^

                   

                   

                   

                   

                   

                  ほんの少しでも、

                   

                  面白いと思って頂ければ、

                   

                  下のバナー(コロ)を

                   

                  「ポチッ」と押して頂きますと、

                   

                  これからも、頑張れます!

                   

                   

                  宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                   

                   

                   

                   

                   


                  にほんブログ村

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.12.24 Monday

                  カラタチのトゲを切ってみた! いつかするだろうカラタチの挿し木のために・・・

                  0

                    JUGEMテーマ:家庭

                     

                     


                    カラタチのトゲを切ってみた!

                     

                    いつかするだろうカラタチの挿し木のために・・・


                     

                     

                    カラタチの葉がほとんど落ちました。

                     

                    落葉樹だったようです。

                     

                    その記事をアップしたところ、

                     

                    ブロ友さんから「カラタチの挿し木」に関するコメを頂きました。

                     

                     

                     

                    トゲを切ると小枝を切るのと同じでそこから水分が抜けます。

                     

                    発根するまでは枝中養分を残したままが理想。

                     

                     

                     

                    その為、早めに切っておいて、トゲの傷をあらかじめ治しておいた方が良いとの事。

                     

                    同時にするなら、鉢ごとビニール袋等で覆い、

                     

                    水分が抜けないようにしないといけないとか。

                     

                     

                     

                    そんな知識は全くありませんでした。

                     

                    レモンの挿し木をした時は、蒸散を抑える為に葉を半分に切ってはみましたが、

                     

                    特にビニール袋で覆う等の事はしませんでした。

                     

                     

                     

                     

                    挿し木後のカラタチの成長は遅いようなので、

                     

                    ゆっくりしてはいられません!

                     

                     

                    教えて頂いたら、即、実行あるのみです!

                     

                     

                     

                    * トゲを切る前のカラタチ

                     

                     

                    * トゲを切った後のカラタチ

                     

                     

                    * 癒合促進剤を塗った後のカラタチ

                     

                     

                     

                     

                    さて、癒合促進剤が乾いて、水分が抜けなくなるのを待ってみましょう。

                     

                    その後、横に広がってきた枝を切り取り、

                     

                    挿し木にチャレンジしてみます!

                     

                     

                     

                     

                    カラタチの挿し木後の成長は遅いとの事ですので、

                     

                    長丁場の闘いです。

                     

                    春先まで待っていられません。

                     

                    (私は辛抱が足りない方です。^^;)

                     

                    早めに挿し木を行って・・・

                     

                    室内で育ててみたいと思います。

                     

                     

                    さて、上手くいくでしょうか?

                     

                     

                     

                     

                    アスパラガスも、昨年同様、少し手入れをしてみました。

                     

                    来年も、美味しいアスパラを食べられるように・・・

                     

                    昨年は、いろいろ調べてみました。

                     

                    その時の様子が、「こちら」です。

                     

                     

                    ほぼほぼ昨年と同様の対応です。

                     

                    EM肥料だけが無くなってしまっていましたので入れてません。

                     

                    これで、結果が違ったら、EM肥料の効果が大分あったという事。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    来年も元気な芽を出してくれますよう・・・

                     

                     

                     

                     

                    さて、それでは今から・・

                     

                    胡椒を「これでもかっ!」という程振りかけた鶏の足を焼く準備に入りたいと思います。

                     

                    妻と母からは、「自分の分だけにしておいてな!」と言われました。 ^^;

                     

                     

                     

                     

                     

                    ほんの少しでも、

                     

                    面白いと思って頂ければ、

                     

                    下のバナー(コロ)を

                     

                    「ポチッ」と押して頂きますと、

                     

                    これからも、頑張れます!

                     

                     

                    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                     

                     

                     

                     

                     


                    にほんブログ村

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2018.12.22 Saturday

                    カラタチの苗から葉がほとんど落ちてしまった。 12月のカラタチの様子。

                    0

                      JUGEMテーマ:家庭

                       

                       


                      カラタチの苗から

                       

                       葉がほとんど落ちてしまった。

                       

                        12月のカラタチの様子。


                       

                       

                      カラタチの葉の色が変化していました。

                       

                      緑から赤茶色へ。

                       

                      赤色が濃くなってきたかな?と思っていますと、

                       

                      黄色い感じに。

                       

                       

                      これは調子が悪くなっているのだと思い、

                       

                      鉢を植え替えた程・・・

                       

                       

                       

                       

                      「カラタチの紅葉ですね。」とのコメントを頂きました。

                       

                      苗の調子が悪くなってきたのではなく、

                       

                      「紅葉」していただけ・・・

                       

                       

                       

                      安心して、そのまま様子を見ていますと、

                       

                      どんどん葉が落ちていきます。

                       

                       

                       

                      鉢植えのカラタチも葉が落ちた。

                       

                       

                      露地植えのカラタチも葉が落ちた。

                       

                       

                      知識が無いというのは恐ろしいものです。

                       

                       

                      カラタチの苗をレモンの台木に出来ればと思って育てていました。

                       

                      なので、特にカラタチについて調べた事がありませんでした。

                       

                       

                      レモンの葉は落ちないので、

                       

                      カラタチの葉も落ちない、と思い込んでいました。

                       

                       

                      カラタチは、冬に葉を落とす高さ2〜3mの低木であるとの事。

                       

                      落葉樹だったのですね・・・

                       

                      暖かい地域で育てる場合は、葉が落ちない事もあるようですが、

                       

                      基本的には、冬に葉を落とす落葉樹。

                       

                       

                      葉が落ちて、当たり前だった訳です。

                       

                      鉢の植え替えまでしてしまいました・・・

                       

                       

                       


                       

                       

                      露地植えも、鉢植えも、枝は良い感じに見えます。

                       

                      柑橘類の中で最も寒さに強い(この為、台木に用いられる様ですが)ので、特に何の防寒対策もせず、このまま様子をみてみましょう。

                       

                       

                       

                      来年、暖かくなる頃、挿し木にて苗を増やせるか検証してみる予定です。

                       

                      増やせる事が確認できれば、そのカラタチを台木にしてレモンの接ぎ木を試してみましょう。

                       

                       

                       

                      カラタチは、種を蒔いて増やすのが主流の様です。

                       

                      カラタチの種は多胚性で、1つの種から複数の芽が出て来るのだとか。

                       

                      実の収穫に至っていない私には種を蒔く事ができません。

                       

                       

                      数年後、カラタチの木からも実を収穫出来る日が来るのでしょうか?

                       

                       

                      平成30年12月のカラタチの記録を残しておきます。

                       

                       

                       

                      皆さま、楽しい、クリスマスを!!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ほんの少しでも、

                       

                      面白いと思って頂ければ、

                       

                      下のバナー(コロ)を

                       

                      「ポチッ」と押して頂きますと、

                       

                      これからも、頑張れます!

                       

                       

                      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

                       

                       

                       

                       

                       


                      にほんブログ村

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      ご覧頂きありがとうございます。
                      @korolemon
                      スポンサーリンク
                      ランキングに参加しています。宜しくお願いします!!
                      にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                      にほんブログ村
                      ブログ感覚でHPを簡単作成
                      日本ブログ村ランキング
                      PVアクセスランキング にほんブログ村
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      バースデー プレート
                      バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                      大切な人へ。

                      生涯残る、唯一の贈り物。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM